会社案内

房日新聞社史

房総半島南部の安房地域をカバーする、日刊紙「房日新聞」は、1948年に「房総日報」として創刊される。戦後、人々が情報を求め、変革する社会構造に立ち向かっていたころだ。

首都圏にありながら、半島南部という地域性が、地方新聞の存在を求めていた。中央集権的な画一情報より、地域密着型の地方情報が枯渇していたのである。

房総日報は4年後、「房州日日新聞」に改称され、愛称としての「房日新聞」が定着する。1952年のことだ。

安房地方には、房総毎日新聞、デイリー房州、房総新聞、房日新聞の4紙がしのぎを削る、地方紙戦国時代があった。4紙が競い合い、全国紙にはない独自の地域報道を繰り広げた。戦後の成長期とはいえ、半島南部の狭いエリアで4紙の日刊紙が存在したというのは、全国的にも稀有なケースであろう。

栄枯盛衰を極めた房州新聞界だが、いくつかの新聞の火が消えていき、最終的に房日新聞のみが生き残る。

弊社は1978年に高速オフセット輪転機を導入。87年には新規開通した館山バイパス沿いに移転し、92年に多色刷り輪転機を入れ、カラー化にも即応した。96年に地方紙としてはいち早くHPを開設。98年になるとコンピューター組版を開始し、社内のIT化、電子編集にも素早い対応をしてきた。

2003年5月に、JR館山駅東口に移転。現在の社屋で日刊紙を発行している。(忍足)

沿革

【キネマ通り時代】

1948年 「房総日報社」を設立し、日刊紙「房総日報」を創刊
1952年 有限会社館山印刷所を設立
社名を「有限会社房州日日新聞社」に改称し、「房総日報」を「房州日日新聞」に改題
1967年 房日観光を併設
1969年 「房州日日新聞」を「房日新聞」に改題
ブランケット判2ページ
1978年 高速オフセット輪転機を導入
ブランケット判4ページ

【バイパス時代】

1987年 館山市正木へ社屋移転
1992年 多色輪転機を増設
1996年 ホームページ開設
1998年 コンピュータ組版開始

【駅前通り時代】

2003年 館山市北条に社屋移転
2005年 輪転機にカラー機を導入
2007年 ホームページをリニューアル
2009年 紙面を1段11文字に拡大
2010年 新聞オンラインへの紙面提供開始
2018年 株式会社朝日プリンテックと「援助印刷協定」と締結
2019年 紙面を1段10文字に拡大
2021年 ホームページを「房日新聞電子版」としてリニューアル

Ads